スーパーストロング構造体プレミアムバリュー

プレミアムバリュー

[スーパーストロング構造体 プレミアムバリュー]とは?

建材メーカー『リクシル』からの協力を得て、アイディールブレーン社製の制震テープを採用した工法であり、現在県内1号物件を高崎市内で建築中。『リクシル』の木造軸組工法[スーパーストロング構造体 バリュー](耐震等級3相当)に制震テープを併用し、さらに強固な構造体を実現。制震テープを、住宅の構造用合板・石膏ボードと柱・梁(はり)の間に張ることで、家全体で地震のエネルギーを吸収して建物の変位や家具の転倒を最小限に抑えることができる。
制震装置に特別な金物や大掛かりな装置を必要としないため、従来の木造住宅の構造と性能を生かしながら、安価でスピーディに高性能な制震住宅の施工が可能になった。制震テープの開発元に携わったドイツ防災科学研究所の研究によると、制震テープのない住宅と比べて、揺れ幅が1/2に低減することも確認されている。

モニター住宅追加募集:ぐんま経済新聞 2013/11/23発行

[アイディールブレーン社の制震テープについて]

ドイツ防災科学研究所と清水建設、東京大学が共同開発した粘着テープ。高層ビル用の制震装置に用いられる粘弾性体(ブチルゴム系)を住宅部材としてテープ状に加工したもの。一般的な両面テープよりも厚い1ミリ厚で粘着力と伸展性があるため、効率よく地震エネルギーを吸収することができる。

引用元:ぐんま経済新聞 2013/9/26発行

お問い合わせ

  • ランドハウスのコンセプト
  • ラインナップ
  • フロー ~家づくりの流れ~
  • 施工例
  • お施主様の声